心に鈴の音色が響いて☆


by haruka91700

2006年 05月 13日 ( 1 )

木漏れ日に包まれて

f0054187_17312838.jpg


  木漏れ日(こもれび)に包まれて


木(こだち)の隙間から
キラキラと木漏れ日(こもれび)が、
輝きながらすべり落ち
私の肩の上でかろやかに舞う・・・


君は、両手いっぱいに愛という名の花束をかかえて
私の目の前に突然あらわれた・・・


いつも私は、君のやさしさにときめき、とまどい、迷い、
生きているってこんなに楽しいんだってことを教えられた・・・


冷え切って動かなくなってしまった心を
陽だまりの微笑(ほほえみ)が、
ほっかほかに暖めてくれた・・・


私は、くだけてしまった心をひとつずつ拾い集め
木立(こだち)の隙間から
こぼれ落ちてくる木漏れ日(こもれび)に
そっと心をかざしてみた。


するとキラリキラリと希望という名の輝きとともに
時が、静かに流れはじめた・・・
そして私は、新しい自分になってゆく


時をへて・・・
人は、暖かな愛情にふれると
冷たい思い出は、セピア色に染まり
悲しみは、やさしさ色へと変化する。


たとえどんなに心が、ぺしゃんこにつぶれていても
わずかな希望の光を信じてみたい
いつの日かみんなのもとへ
木漏れ日(こもれび)が、輝きながらかろやかに舞うことを
信じていてね・・・


木漏れ日(こもれび)に包まれて
希望の光よ
永遠に~~
永遠に~~
                                                                                       
              ペンネーム☆~~鈴~~☆

最近思うこと・・・
詩を綴ることで自分の悲しみが、癒されることに気づきました
                
                
~~~ いつの日か、心に鈴の音色が、響きますように~~
 
 



ポちっとクリックで応援していただけると励みになります。ヨロシク
           ↓

人気blogランキングへ



















 
by haruka91700 | 2006-05-13 11:09 |